血液疾患の終末期を考える中で、全ての疾患の診療において必要な、“Hope for the best, and prepare for the worst”(最善を期待し最悪に備える) に基づいた、アドバンス・ケア・プランニング(ACP)の重要性が見えてくると筆者は考える。普段、血液疾患や癌診療に携わることが少ない医療者にこそ、ぜひお伝えしたいことがある。

化学療法と緩和ケアは患者さんを支える両輪の画像

ログインして全文を読む