日経メディカルのロゴ画像

短期集中連載◎なぜ今『救急×緩和ケア』なのか part III
「老衰」って何だろう?

2019/01/18
山口 健也(小竹町立病院内科)

 筆者の専門は緩和ケアだが、現在は56床の町立病院で地域医療に従事している。当院では超急性期疾患の対応はほとんどなく、お看取りする患者さんは老衰、認知症終末期、誤嚥性肺炎などが大半である。本項では、特に老衰や認知症終末期に関して、地方の小病院で筆者が大切にしていることを述べたい。救急の最前線からは少し離れるが、肩の力を抜いて読んでいただければ幸いである。

この記事を読んでいる人におすすめ