筆者は現在、急性期病院で総合診療医として勤務しているが、長い間呼吸器内科医として働いていた経緯があり、悪性腫瘍だけではなく慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者に対する緩和ケアの必要性を感じることが多々あった。今後、高齢化が進みCOPD患者を診療する機会も増加することが予想される。今回はCOPD患者に対する緩和ケアのエッセンスについて述べたいと思う。

COPDの緩和ケアはモルヒネを使うことではないの画像

ログインして全文を読む