今年11月23日、福岡県の飯塚病院で若手医師を対象とした第3回救急×緩和ケアセミナーを開催されました。21世紀に真に求められている高齢者急性期医療とは何か、を考えるために実施しているものです。第3回のテーマは「高齢者の救急を考える」。救急医、精神科医、総合内科医、看護師がそれぞれの立場から高齢者の急性期医療と緩和ケアについて講演した内容を、6回シリーズでお届けします。

「この治療は意味があるのかな?」と思ったらの画像

ログインして全文を読む