日経メディカルのロゴ画像

特集◎生活習慣病 7つの新常識《インタビュー》
約2000万人の未診断者が課題
日本高血圧学会「高血圧治療ガイドライン」作成委員長 梅村 敏氏

うめむら さとし氏
1950年神奈川県生まれ。75年横浜市立大学卒業。77年同大学第2内科(循環器・腎臓内科)入局。82年米国テキサス大学内科・薬理学教室留学、91年横浜市立大学第2内科講師、98年同教授。2008年同大学医学部長、10年同大学附属病院病院長、12年同大学学術院医学群長。2016年から横浜労災病院病院長、横浜市立大学名誉教授。

昨年、米国で高血圧の新治療指針が発表され、血圧基準値が130/80mmHgへ下げられた。即薬物治療ではなく、まず生活習慣を見直して高血圧の悪化を防ごうという狙いも。来年改訂の「高血圧治療ガイドライン」(JSH2019)にも影響しそうだ。作成委員長の梅村氏に改訂の方向性を聞いた。


この記事を読んでいる人におすすめ