2040年に向けて、医療ニーズはどのように変化していくのか。それを示す格好のデータがある。経済産業省の「将来の地域医療における保険者と企業のあり方に関する研究会」(座長:慶應義塾大学教授の土居丈朗氏)がまとめた、外来・入院別の医療需要推計がそれだ。

外来需要は2025年に減少に転じ入院需要は増加の画像

ログインして全文を読む