診療報酬によるバックアップも進むことになりそうだ。中医協で今、次期診療報酬改定の外来、在宅医療、かかりつけ医機能といった分野の検討課題として挙げられている主な項目をまとめたのが図5だ。

診療報酬改定は在宅の負担軽減、遠隔診療が焦点の画像

ログインして全文を読む