日経メディカルのロゴ画像

インタビュー◎横浜市立大学大学院医学研究科の倉澤健太郎氏に聞く
医師の働き方改革のための「トリセツ」とは

横浜市立大学大学院医学研究科の倉澤健太郎氏

 昨年11月の第14回医療の質・安全学会で、横浜市立大学大学院医学研究科の倉澤健太郎氏は、産婦人科を舞台とする医師の働き方改革の進捗状況を報告した。2019年7月から取り組んできた改革で、時間外手当の支給実績が17%減少する一方、病院の業績は悪化することなく推移しているという。倉澤氏が「トリセツ」と話す、働き方改革の秘訣を聞いた。

この記事を読んでいる人におすすめ