医学部入試不正事件について、医学生の立場から問題を追及している全日本医学生自治会連合は3月12日、全国の医学生を対象に実施しているアンケート調査の中間報告を発表した。事件の背景として医師の過重労働が浮かび上がったことから、調査では、医学生の7割近くが「将来の働き方に不安」と回答。これを受けて医学連は「性別や年齢による不当な扱いを根本的に解決するためにも、医師の労働環境の早急な改善が必要」と訴えた。

医学生の7割が「将来の働き方に不安」と回答の画像

ログインして全文を読む