医師の働き方改革の議論に連動する形で設置された厚生労働省の「上手な医療のかかり方を広めるための懇談会」が10月22日、開催された。2回目となる同日の懇談会では、構成員へのヒアリングを実施。外科医・病理医で経営コンサルタントの裴英洙氏(ハイズ株式会社代表取締役社長)は、上手な医療にかかるために知っておきたい視点の1つとして、医療は医師だけでなく、チーム医療として行われていることを挙げた上で、「『何でも医師に』から『これは医師に』というマインドに世の中が変わり、タスク・シフティング(業務移管)やタスク・シェアリング(業務の共同化)を推進すべき」と強調した。

タスク・シフティング、「まずは業界内での意見を整理して」の画像

ログインして全文を読む