厚生労働省の「医師の働き方改革に関する検討会」が9月3日に開催され、同省が示した今後の検討の進め方(案)が了承された。焦点の1つが医師の応招義務で、時間外労働の上限を超過している状態で、救急対応などの応招義務が課せられるか否かなどについて議論を進める方針だ。また、医師の働き方改革の成否には、国民の受診行動も影響することから、国民の医療機関への受診など、「医療のかかり方」について議論する懇談会を新設。現在、設置に向け、メンバーの選定など準備を進めていることを明らかにした。

医師の時間外労働規制と応招義務の関係を議論の画像

ログインして全文を読む