日経メディカルのロゴ画像

特集◎その肺炎 治す? 治さない?《インタビュー》
高齢者肺炎にも緩和ケアの概念を
長崎大学理事・副学長 河野茂氏

こうの しげる氏
1950年長崎県生まれ。74年長崎大学医学部卒業後、同大学第二内科入局。80年まで同大学大学院在学。81年米ニューメキシコ州立大学医学部研究講師。佐世保市立総合病院、長崎市立病院成人病センターを経て85年長崎大学附属病院助手、90年講師。96年長崎大学教授、2006年同大学医学部長、09年理事・附属病院病院長。14年から現職。

日本呼吸器学会は4月に「成人肺炎診療ガイドライン2017」を発表。誤嚥を繰り返したり終末期にある高齢者の肺炎に対し、「積極的な治療を差し控える」選択肢を明示した。ガイドライン作成委員長を務めた河野氏は、「高齢者の肺炎は即治療ではなく、本人の意思やQOLを優先して判断すべきだ」と話す。


この記事を読んでいる人におすすめ