日経メディカルのロゴ画像

インタビュー◎α4インテグリン阻害薬とJAK阻害薬による潰瘍性大腸炎治療
UC治療の新選択肢カログラとジセレカ、既存薬との違いは?
東京医科歯科大学学術顧問・副学長の渡邉守氏に聞く

 2022年3月28日、潰瘍性大腸炎(UC)に対する新たな分子標的薬として、新薬のカロテグラスト(商品名カログラ)が承認され、フィルゴチニブ(ジセレカ)の適応拡大が認められた。選択肢が増えたことを喜ぶ声も多い一方、使い分けがさらに難しくなるとの意見も聞かれる。新たな選択肢はどんな薬剤なのか、既存薬からの切り替えは進むのか──。カロテグラストの開発段階から臨床試験に関わり、フィルゴチニブの臨床試験にも関わった東京医科歯科大学学術顧問・副学長/高等研究院特別栄誉教授の渡邉守氏に聞いた(文中敬称略)。


この記事を読んでいる人におすすめ