日経メディカルのロゴ画像

学会トピック◎第17回日本消化管学会総会学術集会
大腸カプセル内視鏡画像から腫瘍性病変を自動検出するAIモデルを開発

 人工知能(AI)を活用することで、大腸カプセル内視鏡の普及・発展や読影医の負担軽減につながるかもしれない──。2月19日から21日にかけてオンラインで開催されたGI Week2021で、東京大学医学部附属病院消化器内科の山田篤生氏は、パネルディスカッション「大腸カプセル内視鏡の普及に向けた工夫」にて、大腸カプセル内視鏡画像から腫瘍性病変を自動検出するAIモデルを作成し、その効果を検証したと発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ