日経メディカルのロゴ画像

特集◎医師が癌になったとき《インタビュー》
「2つ目、3つ目の癌にも備えよ」
東京医療保健大学副学長・医療栄養学科長 小西 敏郎氏

こにし としろう氏
1947年石川県生まれ。72年東京大学卒業後、癌研究会附属病院(現がん研有明病院)外科研修医。75年東京大学第二外科入局。81年東京都立駒込病院外科、85年東京大学第二外科講師。96年同助教授。98年関東逓信病院(現NTT東日本関東病院)外科部長。2002年同副院長兼任。13年から現職。NPO法人キャンサー・ネット・ジャパン代表理事。

検診で胃癌が見つかり取り切ったと思ったら3年後に前立腺癌が──。消化器外科医として日々癌と立ち向かいメスを振るっていた最中、一度ならず二度までもその病に襲われた小西氏。治療の選択は? そのとき家族は?癌とどう対峙し、癌患者としての体験を通して見えたものは何か聞いた。


この記事を読んでいる人におすすめ