日経メディカルのロゴ画像

特集◎厳格降圧時代の高血圧診療《3》
合併症アリの患者はどこまで降圧すべき?

合併症アリの患者はどこまで降圧すべき?の画像

 我が国の高血圧治療ガイドライン(JSH2014)が定める降圧目標(表4)は、おしなべてSPRINT厳格降圧群の目標値より高い。合併症や年齢を問わず、一律に厳格降圧を目指すべきなのか。利尿薬をどう活用すべきなのか。

この記事を読んでいる人におすすめ