日経メディカルのロゴ画像

リポート◎国立国際医療研究センターとアクセンチュアが共同研究を開始
「ブラックボックス」化しない生活習慣病リスク予測AIを目指す

 国立国際医療研究センターと大手コンサルティングファームのアクセンチュア(東京都港区)は、生活習慣病(糖尿病、高血圧、脂質異常症)のリスクを予測する人工知能AI)モデルの開発に関する共同研究を2021年2月から開始した。国立国際医療研究センターが蓄積してきた約12万件の健康診断データを基に、生活習慣病の発症やその確率、行動変容による影響を予測するモデルを構築し、臨床現場での実装を目指す。


この記事を読んでいる人におすすめ