本誌は2009年4月、「外科崩壊」という特集を組み、厳しい労働環境やそれに見合わない給与を嫌った若手医師の外科離れが進んでいる実態をリポートした。それから7年余り。外科医不足には一応の歯止めが掛かり、事態は多少好転したかに見える。だが、決して外科医が充足しているわけではない。いまだ道半ばの「外科再生」に向けた取り組みを追った。

何とか免れた外科崩壊、次の一手の模索始まるの画像

ログインして全文を読む