「偽痛風や関節リウマチで、発熱のみを訴える患者が少なからず存在する」。名古屋第二赤十字病院の横江氏はこう語る。38℃台の高熱を生じる関節リウマチ患者もおり、「『なんだか調子が悪い』という主訴で来院することがある」とも言う。膠原病は、感染症や薬剤熱、悪性腫瘍など他の疾患を除外した上で診断する必要があり、難易度の高い疾患といえる。だが、関節所見を伴う患者であれば、丁寧な身体診察で疑い例を拾い上げることが可能だろう。

高齢者の発熱、関節が痛くないかの確認をの画像

ログインして全文を読む