日経メディカルのロゴ画像

シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定
通所介護、通所リハビリなどの論点を提示
通所介護の提供時間は1時間刻み、3時間以上通所リハは基本報酬引き下げへ

 2017年11月8日に開催された社会保障審議会・介護給付費分科会で、2018年度介護報酬改定に向けて通所介護療養通所介護通所・訪問リハビリテーションなどの論点が示された。通所介護・療養通所介護の論点は表1の通り。通所介護で最も大きな変更点になりそうなのが、サービス提供時間の時間区分の見直しである。現行の「3時間以上5時間未満」「5時間以上7時間未満」「7時間以上9時間未満」の2時間ごとの3区分から、1時間ごとの時間区分への見直しが提示された。

 つまり、通所介護の基本報酬は「3時間以上4時間未満」「4時間以上5時間未満」「5時間以上6時間未満」「6時間以上7時間未満」「7時間以上8時間未満」「8時間以上9時間未満」の1時間ごとの6区分ということになる。なお、後述する通所リハビリの論点では、時間区分の見直しは挙げられていない。通所介護だけ1時間刻みになる可能性が高そうだ。

この記事を読んでいる人におすすめ