中央社会保険医療協議会(中医協)は5月17日の総会で、2018年度診療報酬改定に向けて入院医療をテーマに議論した。主として回復期機能を担う地域包括ケア病棟、回復期リハビリテーション病棟の評価のあり方について議論した。

大病院の地域包括ケア病棟届け出に制約求めるの画像

ログインして全文を読む