日経メディカルのロゴ画像

インタビュー◎多剤耐性グラム陰性桿菌治療の最前線
ESBL産生菌、緑膿菌に有効な新薬が登場
一辺倒な使用は避けて、症例ごとに使用の判断を

 2020年9月に開催された第68回日本化学療法学会総会で、シンポジウム「多剤耐性グラム陰性桿菌の治療」が開催された。その中で、2019年に発売された新薬、タゾバクタムナトリウム・セフトロザン硫酸塩(商品名ザバクサ配合点滴静注用)も話題に上った。演者を務めた岐阜大学医学部附属病院生体支援センター准教授の安田満氏に、同薬の特徴と尿路感染症に対する使用方針を聞いた。

この記事を読んでいる人におすすめ