日経メディカルのロゴ画像

特集◎薬剤耐性クライシス《7》
アカデミア発!新規経口抗菌薬の開発進む

 日本の薬剤耐性対策アクションプランで忘れてならないのは、抗菌薬や診断薬などの新薬開発を推進することだ。日本で上市された新規経口抗菌薬は2010年以降、途絶えている。注射薬も2010年以降は、6件にとどまっている。1980年代に33件だったことを考えると、急減している。

 G7神戸保健大臣会合では、感染症と闘うために必要な新しい診断薬や治療薬を製薬企業が提供できていない現実を、塩崎厚労大臣は「市場の失敗」と指摘していた。会合の成果である神戸宣言では、こうした現状を打開するためにも、薬剤耐性に関する臨床研究国際ネットワークを設立する必要性にも言及している。

この記事を読んでいる人におすすめ