日経メディカルのロゴ画像

特集◎緩和ケア 7つの誤解
誤解5◆レスキュー薬はできるだけ制限

埼玉県立がんセンターの余宮きのみ氏は、「痛みで苦しんでいる患者をその場でレスキューできる投与量でなければレスキュー薬といえない」と説明する。

 「レスキュー薬」(定期鎮痛薬では十分に痛みがコントロールできない際に臨時で服薬するオピオイド速放性製剤)を処方する際、薬が効き過ぎて副作用が生じるのではないかと考えて、「レスキュー薬は1日に4回まで」「定時薬の1日投与量の6分の1量まで」などと、使用制限を設けていないだろうか。

 日本緩和医療学会の「がん疼痛の薬物療法に関するガイドライン」では、「がん疼痛に対してオピオイドを長期間使用しても精神依存はまれである」と記載。経口薬では1時間、注射薬では15~30分の投与間隔を空ければレスキュー薬は何度でも使用してよいほか、効果が不十分だった場合は、眠気などの副作用が許容できる範囲でレスキュー薬を増量するよう推奨している。「痛みで苦しんでいる患者をその場で『レスキュー=救済』できる投与量でなければ、レスキュー薬とはいえない」と同ガイドライン作成に関わった余宮きのみ氏(埼玉県立がんセンター)は説明する。

痛みの種類を問診で見分ける
 レスキュー薬の使い方の正解はこうだ。レスキュー薬が必要となっているのであれば、その痛みは持続痛なのか突出痛なのか、もし突出痛ならばその種類は何なのかを特定(図4)。体動時痛であれば動く30分前にレスキュー薬を服薬するように指導する。発作痛もレスキュー薬を使用するよう患者に説明する。一方、薬の切れ目の痛みであれば、定時薬の増量を検討することが必要だ。

この記事を読んでいる人におすすめ