日経メディカルのロゴ画像

トレンド◎Withコロナ時代の医療の姿
入院時のコロナ検査の効果は市中のまん延動向で変わる

 2020年初めから国内でも始まったコロナ禍は、第5波が過ぎ、国民のワクチン接種率が上がっているが、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)が根絶されたわけではない。病院の院内感染対策の一環として、入院時のスクリーニング検査や手術前検査などが行われているが、こうした検査の効果はどれほどのものなのだろうか。感染症専門医で、院内感染対策の指揮を執る東京都立多摩総合医療センター感染症科医長・感染対策室室長の本田仁氏に話を聞いた。


この記事を読んでいる人におすすめ