日経メディカルのロゴ画像

事例研究◎Withコロナ時代の医療の姿
これまで取ってきた感染対策を徹底・継続する

 2020年初めから国内でも始まったコロナ禍以降、社会慣習は大きく変わり、患者の受診行動にも影響が出ている。第5波が過ぎ、国民のワクチン接種率が上がっているが、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)が根絶されたわけではない。これからのWithコロナ時代の医療はどうあるべきか。ここでは眼科診療の一例として、八王子友愛眼科(東京都八王子市)理事長の今野公士氏に同院の取り組みを聞いた。


この記事を読んでいる人におすすめ