日経メディカルのロゴ画像

特集◎院内感染対策の常識を疑え《5》
CLABSI予防にクロルヘキシジン被覆材が有効

 カテーテル由来血流感染(CRBSI)の中でも、中心静脈ライン関連血流感染(CLABSI)は、絶対に防がなければならない。中心静脈カテーテルは、主として抗癌剤や高カロリー輸液の投与に使用されることが多く、ひとたびCLABSIを発症してしまうと全身状態が悪化して予後不良になりやすいからだ。原因菌としては皮膚表面のブドウ球菌が多い。

 長年、CLABSI対策として行われてきたのが、カテーテル刺入部のポビドンヨードによる皮膚消毒だ。だが、近年になってポビドンヨードに代えて、クロルヘキシジン(CHG)アルコールという皮膚表面への残留活性が高い消毒薬を使用する施設が増えてきた。国内外で、ポビドンヨードよりもCHGアルコールを使用することでCRBSIが有意に抑制されたエビデンスが複数報告されている。CDCが2011年に改訂した「血管内留置カテーテル由来感染予防のためのガイドライン」では、0.5%を超えるCHGアルコールを推奨。国内でも、2016年に発刊された「輸液カテーテル管理のための実践基準」が0.5%超のCHGアルコールを第一選択として記載している。

 ただし、「過去にCHGを用いた抗菌カテーテルによるアナフィラキシーが日本人で報告されたためか、我が国では高濃度のCHG溶液があまり使われておらず、市販品の種類も少ない」と名古屋大学附属病院中央感染制御部教授の八木哲也氏は指摘する。八木氏の施設では、感染対策の一環として、中心静脈カテーテル挿入時の消毒薬を10%ポビドンヨードから1%CHGアルコール溶液に切り替えた。

カテ刺入部に被覆材を貼付
 近年は、CHGを含有した被覆材によるCLABSI対策が注目を集めている。国内ではCHG含有被覆材として、CHG含有スポンジとCHG含有ドレッシングが、それぞれジョンソン・エンド・ジョンソン、スリーエムジャパンから販売されている。

この記事を読んでいる人におすすめ