日経メディカルのロゴ画像

特集◎早わかり!今冬のインフルエンザ《3》
早期診断◆咽頭後壁のインフルエンザ濾胞が鍵

◆咽頭後壁の「インフルエンザ濾胞」で診断が可能
◆高感度迅速検査の併用で見落としが1割減る
◆検体採取用の「鼻かみ用紙」、安価な代用品も

この記事を読んでいる人におすすめ