日経メディカルのロゴ画像

特集◎ヒヤリとしたあの瞬間《ミス予防策》
医師のヒヤリ報告が年間1000件超!の秘訣
ミス防止は「報告」「職員教育」「意思疎通」の3本柱で

ミスを減らすためには、個人や部門単位だけでなく医療機関全体での取り組みも必要。鍵を握るのは、ミスやヒヤリハットの収集・改善活動の活性化、職員教育、スタッフ間のコミュニケーションギャップの解消だ。


この記事を読んでいる人におすすめ