日経メディカルのロゴ画像

特集◎冠動脈治療の常識が変わる
ステント内再狭窄に薬剤コーテッドバルーン

 ステント留置部の再狭窄は、循環器医を悩ませる大きな問題の1つ。その切り札と目されているのが、薬剤コーテッドバルーン(drug coated balloon:DCB)だ。販売開始は昨年1月だが、既にステント内再狭窄の標準的な治療デバイスになった。


この記事を読んでいる人におすすめ