日経メディカルのロゴ画像

トレンド◎外出自粛やテレワーク普及で患者の訴えに変化
コロナ流行で増えた不眠症にはこう立ち向かう

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行が始まり、国や自治体から外出自粛などが求められるようになってから約1年半が経過した。外出頻度の低下や運動不足、社会的なつながりの希薄化は、いずれも睡眠障害のリスクファクターになる。コロナ禍が不眠症に与えた影響を専門家に聞いた。



この記事を読んでいる人におすすめ