日経メディカルのロゴ画像

特集◎大震災は医療をどう変えた 現場医師が語る(1)
「少子高齢化の行き着く“未来”が見えてしまった」
石木幹人氏(岩手県立高田病院リハビリテーション科長)

2014/03/09

 大震災は地域の医療提供体制ばかりでなく、医師自身の医療観や生活、人生にまで大きな変化をもたらした。震災直後から被災地の医療に携わってきた医師たちは今、何を思い、何を考えるか。これまで本誌に登場した医師を中心に、今も現場で奮闘する9人を取材し、震災で何が変わったかを語ってもらった。


この記事を読んでいる人におすすめ