日経メディカルのロゴ画像

特集◎長引く咳の最新鑑別法 Vol.3
合剤で早く咳を止め、無効例は合併症など考慮
原因疾患への診断的治療

合剤で早く咳を止め、無効例は合併症など考慮の画像

遷延性・慢性咳嗽に多い咳喘息やアトピー咳嗽は、吸入ステロイド薬と長時間作用型β2刺激薬の合剤が効く。合剤が効かなければ、鼻炎や胃食道逆流症の合併、吸入薬のノンコンプライアンスの可能性などを考慮する。

この記事を読んでいる人におすすめ