日経メディカルのロゴ画像

日経メディカル2013年4月号特別編集版「消化管診療のトピックス&トレンド」転載
【診療アップデート】機能性ディスペプシアの診療
最終的にはオーダーメード治療を

2013/05/07
楠 裕明(川崎医科大学総合臨床医学講師)

 機能性ディスペプシアFD)の診断には、ローマIII診断基準を用いる。臨床的には症状持続期間が基準を満たさない例が多いが、これらもFDに準じた対応を行う。現在の知見から、ある程度の治療戦略は立てられるが、オーダーメード治療で患者と真摯に向き合う姿勢が求められる。


この記事を読んでいる人におすすめ