日経メディカルのロゴ画像

日経メディカル2012年9月号特別編集版「神経・精神疾患のトピックス」転載
アルツハイマー病の脳病理の変化は発症の約25年前から
【特集】ここまで分かったアルツハイマー病(Part 1)

 バイオマーカーによる脳病理の解析が、米国を中心に世界各国で進められ、アルツハイマー病の長期に及ぶ病理変化の進行過程は急速に解明されつつある。近い将来、発症や進行を食い止めることは可能となるのか。7月にカナダ・バンクーバーで開催された国際アルツハイマー病会議(AAIC2012)から、最新のトピックスを紹介する。

この記事を読んでいる人におすすめ