日経メディカルのロゴ画像

日経メディカル2012年8月号特別編集版「糖尿病診療の最新動向」転載
持続血糖測定で個別治療が可能に
【特集】SMBGとCGMを糖尿病診療に活用する(その2)

 低血糖や食後高血糖は、心血管疾患あるいは合併症のリスクとなることが知られている。持続血糖測定CGM)によって血糖変動を詳細に把握できれば、患者の状態に応じて治療方針を決められるようになり、血糖コントロールのさらなる改善が期待できる。


この記事を読んでいる人におすすめ