日経メディカルのロゴ画像

日経メディカル特別編集版連動●糖尿病診療ディベート Vol.3
インスリン vs. GLP-1受容体作動薬
SU薬の2次無効例に対する次の一手は?

 今年5月の第54回日本糖尿病学会で行われたディベートセッション。今回は「インスリン vs. GLP-1受容体作動薬」を紹介する。SU薬の2次無効と思われる2型糖尿病患者に対し、切り替えあるいは併用すべきは、インスリンGLP-1受容体作動薬か。「インスリン」を中村直登氏(京都府立医大内分泌・代謝学教授)、「GLP-1受容体作動薬」を山田祐一郎氏(秋田大内分泌・代謝・老年内科学教授)が担当し、ディベートを展開した。


この連載のバックナンバー

この記事を読んでいる人におすすめ