日経メディカルのロゴ画像

日経メディカル特別編集版連動●重症喘息 Vol.1
喘息の多彩な臨床像を分類し、対応法を検討

 吸入ステロイド薬とガイドラインの普及に伴い、我が国の喘息のコントロール状況は大きく改善した。しかし、高用量の吸入ステロイド薬を使用しても症状が改善せず、抗IgE抗体製剤や経口ステロイド薬を連用せざるを得ない患者は依然として存在する。重症喘息に対し、今後どのような治療を行っていくべきか。重症喘息の病態を明らかにするための研究や新しい治療法の開発が進んでいる。


この記事を読んでいる人におすすめ