日経メディカルのロゴ画像

日経メディカル臨時増刊 unmet medical needs特集転載 Vol.8
【特発性血小板減少性紫斑病】経口投与型の新薬登場
血小板産生を促す新機序

写真1 特発性血小板減少性紫斑病(ITP)患者の皮膚所見(提供:冨山氏)
出血に伴い、皮膚に紫斑を生じる。重症化すると、粘膜出血や脳出血を引き起こす。

 1974年に特定疾患に指定された特発性血小板減少性紫斑病ITP)は、血小板数の減少により出血を来す難治性疾患だ。ピロリ菌感染を契機に発症する場合もあるが、多くは原因不明で、白血球数などには異常を認めないことが特徴。皮下出血による紫斑を生じ(写真1)、進行すると口腔内や眼などの粘膜、重症例では脳内で出血を生じる。

 ITPは、一般に発症後6カ月以内に症状が寛解する急性型と、それ以降も続く慢性型の2つの病型に大別される。2008年の特定疾患医療受給者証交付件数は、急性・慢性合わせて約2万3000件に上る。

この記事を読んでいる人におすすめ