日経メディカルのロゴ画像

特集●変異するHIV Vol.2
性感染症と免疫低下状態が検査実施のサイン

 HIVは、早期に発見し、適切な時期から抗HIV薬による多剤併用療法(HAART療法)を行えば、エイズの発症を予防できるようになってきた。だが、国内ではいまだにエイズになってから見付かるケースが30%に上り、拾い上げが大きな課題になっている。

この記事を読んでいる人におすすめ