日経メディカルのロゴ画像

特集●皮膚所見のない「かゆみ」はこう治す Vol.3
むずむず脚症候群に新薬登場
ドパミン受容体作動薬が続々開発(2010.4.15訂正)

 むずむず脚症候群レストレスレッグス症候群RLS)は、皮膚所見が見られないにもかかわらず、下肢の深部にかゆみなどの不快な異常感覚が生じ、下肢を動かさずにいられなくなる疾患だ。日本におけるRLSの有病率は3~5%で、女性に多い傾向がある。治療が必要な患者は約200万人に上るともいわれており、睡眠時無呼吸症候群に並ぶ、睡眠障害の主な原因の一つだ。

 患者が訴える症状は「骨がかゆい」「虫が這うようにむずむずする」「足が痺れる」など様々(症例参照)。しかし、「皮膚に異常がなく、医師がRLSについて知らなければ診断をつけにくいため、ドクターショッピングを繰り返す患者も少なくない」と秋田大病態制御医学系精神科学講座教授の清水徹男氏は話す。

この記事を読んでいる人におすすめ