日経メディカルのロゴ画像

特集●日本医師会会長選挙をめぐって Vol.11
原中氏が選対本部を開所、東京都医師会の切り崩し示唆
唐澤氏、森氏との連携は「現時点では考えていない」

 茨城県医師会長の原中勝征氏は2月28日、4月に行われる日本医師会会長選挙に向け、都内で選挙対策本部の事務所開きを行った。

 約180人が参加した事務所開きのあいさつに立ったのは、前日医会長の植松治雄氏、埼玉県医師会長の吉原忠雄氏、山梨県医師会長の薬袋健氏、次期大阪府医師会長の伯井俊明氏、次期三重県医師会長の加藤正彦氏、神奈川県医師会長の大久保吉修氏の6人で、原中氏にエールを送った。ただし大久保氏は、前週に行われた、対立候補の日医会長・唐澤祥人氏の事務所開きにも出席しており、「まだ神奈川県医師会として、誰に投票するか決めかねている」と述べた。

この記事を読んでいる人におすすめ