日経メディカルのロゴ画像

医師800人に聞いた◇「適応外処方実態調査2009」 Vol.2
最も多い適応外処方は「NSAIDs潰瘍予防へのH2ブロッカー」

 適応外処方の実態を探るため、日経メディカル オンラインの医師会員を対象に実施した今回のアンケート。「適応外処方を実施した経験がある」と回答した医師735人に、教科書や治療指針集などから抽出した244の適応外処方を例示して、それぞれの処方に対する実施経験の有無を尋ねた。実施経験が「ある」との回答が多かった上位10処方を表1に示す。

この記事を読んでいる人におすすめ