日経メディカルのロゴ画像

2型糖尿病の薬物治療に関する調査 Vol.4
診療している糖尿病患者、月に「21~50人」が最多

図1 日常診療で診察している糖尿病患者数(全体、n=248、単一回答)

 日ごろ診療している糖尿病患者数は、1カ月当たり「21~50人」とする回答が26.6%で最多であることが分かった。糖尿病・内分泌代謝内科に限ると「101~200人」が最も多く、「300人超」も18.2%だった。日経メディカル オンラインが医師会員を対象に行った「2型糖尿病の薬物治療に関する調査2008」で明らかになった。

 調査では、糖尿病診療の実態を明らかにするため、日常診療で診察している患者数についても尋ねた。その結果、回答者の全体(n=248)では、糖尿病患者数は、1カ月当たり「21~50人」が27.2%で最多だった。「~10人」が25.8%、「11~20人」が17.7%で続いた。ちなみに「300人超」も4.4%あった(図1、単一回答)。

この記事を読んでいる人におすすめ