日経メディカルのロゴ画像

インタビュー◎注意すべき症状と今後の展望
原因不明の小児の急性肝炎、かかりつけ医ができること

 2021年秋より、世界各地で原因不明の小児の急性肝炎が相次いで報告されている。厚生労働省による6月23日までのわが国での報告症例数は累計62人。流行とまではいえない現状だが、小児の急性肝炎はどのように疑い、どの時点で専門医に紹介すればよいのか。日本小児肝臓研究会監事で近畿大小児科研究員の田尻仁氏に聞いた(文中敬称略)。


この記事を読んでいる人におすすめ