日経メディカルのロゴ画像

トレンド◎医師から疎外された患者が次のワクチン忌避者を生む
ワクチン接種医に求められるコミュニケーション力とは

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行下では、新型コロナワクチンをめぐる様々な情報が飛び交った。接種を受けた人がこれほど多く、またSNSなどを介して同じプラットフォーム上で玉石混交の情報がやり取りされているという点では、これまで経験したことのない事態に私たちは直面しているといえるだろう。2022年4月には、約9年ぶりにヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンの積極的勧奨が再開され、正しい情報発信の担い手として接種医一人ひとりに求められる役割はますます大きくなっている。ワクチン接種時の医師と患者のコミュニケーションのあり方について、専門家に話を聞いた。


この記事を読んでいる人におすすめ