日経メディカルのロゴ画像

インタビュー◎COVID-19は「孤立の病」にどんな影響をもたらすか
コロナ禍だからこそ、かかりつけ医は依存症に注意を
国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所薬物依存研究部部長の松本俊彦氏に聞く

 災害時には、将来への不安などから依存症患者が増えると言われている。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大と自粛の長期化は、世界中に不安やストレスをもたらしているが、コロナ禍は依存症にどう影響しているか。国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所薬物依存研究部の松本俊彦氏に聞いた。(文中敬称略)


この記事を読んでいる人におすすめ