日経メディカルのロゴ画像

リポート◎ALPとLDの測定法、向こう1年で国際標準に切り替え
測定法が変更、ALPは現行の3分の1の値に

 2020年4月から1年かけて、アルカリホスファターゼALP)と乳酸脱水素酵素LD)の測定法が変更され、国際標準に統一される。ALPについては測定値が従来の約3分の1となり、基準範囲も大きく変わる。臨床検査値の大規模な変更は、2012年にHbA1cで行われた国際標準化以来、8年ぶり。この変更に伴い、疾患と無関係なALP高値など臨床上の課題も解決されそうだ。


この記事を読んでいる人におすすめ