日経メディカルのロゴ画像

トレンド◎経腸栄養剤に少量でも高カロリー・高蛋白の「新顔」
イノラス登場で選択肢広がる高齢者の栄養管理
患者ごとに病態や栄養剤の特徴を考慮し使い分けを

 少量でも高カロリーで高蛋白の経腸栄養剤「イノラス」の登場によって、高齢者の栄養管理の選択肢が広がった。低栄養が問題となる高齢患者の増加に伴い、医療機関では病態に合わせた栄養剤の使い分けと、コンプライアンスを高める工夫が必要だ。


この記事を読んでいる人におすすめ