日経メディカルのロゴ画像

インタビュー◎「都市型」の地域医療連携推進法人として今年4月に立ち上げ
「地域包括ケアのプラットフォーム構築目指す」
さがみメディカルパートナーズ・代表理事の服部智任氏に聞く

「地域包括ケアのプラットフォーム構築目指す」の画像

 さがみメディカルパートナーズは、神奈川県の県央医療圏(厚木市、大和市、海老名市、座間市など)を活動区域として2019年4月に設立された「都市型」の地域医療連携推進法人(以下、連携推進法人)である。人口減少・少子高齢化が進む地域で、公立・公的病院が主体となり運営する「地方型」とは一線を画す。同法人の代表理事で、社会医療法人ジャパンメディカルアライアンスの海老名総合病院(神奈川県海老名市)院長の服部智任氏に、連携推進法人の立ち上げの経緯や今後の事業展開などについて聞いた。

この記事を読んでいる人におすすめ